本の話

『コーヒーはぼくの杖』は子育て世代に読んで欲しい1冊

投稿日:

こんにちは!ゆきちょこです♪

久しぶりに面白くて一気読みしちゃった本に出合いました。

『コーヒーはぼくの杖』

私はコーヒーが結構好きなのですが、
お店に行ってまで飲むほどではないです(笑)

でも、やっぱり美味しいコーヒーって言われると気になります。

そんなコーヒー好きからのこの本。

15歳でコーヒーを焙煎して販売してるってすごい!

と思って、表紙を見てみたら「アスペルガー症候群」という発達障害を持っているんですね。

なるほど!なっとく!

「天才」なんだね^^

その情報が入ることで、読む前からさらにワクワクしました。

そして、「普通」という意味をとても深く考えさせられます。

『コーヒーはぼくの杖』はkindleの読み放題で読むことが出来る♪今なら初回30日間は無料!

響くん、お父さん、お母さんの視点でストーリーが展開する

このお話の主人公は「15歳の響くん」です。

小学校から中学、そして今に至るまでの響くんの人生が語られています。

普通、こういった本って、誰かが文章を書いてドキュメンタリータッチで描かれていることが多いですよね。

『コーヒーはぼくの杖』は、

響くんの章⇒お母さんの章⇒お父さんの章

という風に、それぞれの思いが描かれています。

それは、小学校の時、中学校の時、コーヒー焙煎を始めた経緯に分かれていて、
それぞれに、響くんのその時の思い、お母さんのその時の思い、お父さんのその時の思いが読めるのです。

これ、本当にすごく良いなぁと思いました(^o^)

勝手に親戚のおばちゃんみたいな感覚になるんですよね~(笑)

そして「アスペルガー症候群」という発達障害を持っている人は、どんな思いで学校に通っているのかもわかります。

「普通」という言葉の意味がとてつもなく重い

小学校までは、周りの理解もあり、なんとか楽しく学校へ行けた響くんですが
中学に入ると、集団の中でもがき始めます。

「普通」にノートを取ることが出来ない

「普通」にテストを受けることが出来ない

「普通」に部活動をやることが出来ない

「普通」に漢字を書くことが出来ない

響くんは「普通」になろうと真面目に努力します。

この努力が泣けるほどに切ないのです・・・

そして、この時期の母親の気持ちも痛いほどにわかる。

周りと同じように出来ない不安。

それは、子育てをしていると誰しもぶち当たる不安だと思います。

私は息子の小学生時代を思い出しました

私は息子が小学生の時にそれを感じました。

息子は保育園の頃から、やや多動気味でした。

落ち着きがなく、自分のやりたくない事は無視。やりたいことには集中力を発揮する。

感情がはっきりと表に出るので、怒りやくやしさを感じると、泣いてしまいます。

それは、5年生頃まで続きました。

そこでやはり不安になる(-_-;)

ママ友に「病院に行ってみた方がいいんじゃないの?」と言われてショックでした。

ですが、担任の先生に相談すると
「これくらい、大丈夫ですよ。しっかり感情を抑えられるように成長していますし」
と、ありがたい言葉を頂きました。

保育園の先生や幼稚園の先生からも
「発達障害というレベルではない」
と言われていたのですが、やっぱり心配ですよね^^;

6年生になったらだいぶ落ち着き、中学1年生になったら感情をコントロール出来るようになったみたいです。

本人曰く、
「小学生時代は暗黒時代だった」
そうです(爆笑)

それくらい、息子も悩んでいたのかもしれません。

「普通」じゃなくてもいいと思いつつ、普通を望んでしまう矛盾

子供が学校へ行くことが苦痛になったら、学校なんて休んでいい!逃げてもいい!と思っている私ですが、本当にそういう事態になったらめっちゃ悩むと思います。

子供を守りたいと思いつつ、やっぱり動揺しますよねw

高校へ進学しないと就職先が狭くなる。

 

それって、本当かな?

 

世にもてはやされているのは「天才」の人々です。

普通の生活をしている人は「天才」を羨ましがります。

でも「天才」は今の教育の中では生きにくい・・・・なんという矛盾なんだろう。

「天才」発達障害児の頭の中

私は、発達障害児の娘さん二人の日常を描いている漫画を読んでいます。

新聞で毎週連載しているのですが、これがまた面白いのです!

発達障害を持っている子は、本当に真面目で一生懸命。

言われたことや言葉をそのままに受け取ります。

その様子が微笑ましくて面白いのですが、
育てているご両親はきっと大変ですよね^^;

毎週、ひなとかのんちゃんの漫画を読んでいるので、発達障害児の行動がある程度わかるのですが
響くんの独特の感性も面白いのです。

ですが、本人はいたって真面目で真剣なのです。

その部分も響くんと親の視点から描かれています。

これがまた面白くて、読み応えあります。

全ての子育て世代に読んでほしい!ヒントがいっぱいの子育て術

中学1年の2学期から学校へ行かなくなった響くん。

体からストップがかかるまで頑張った響くん。

心まで壊れなくてよかったなぁと思います。

ご両親が本当に素敵で、響くんの気持ちに寄り添いながら頑張っている姿は、とても勇気をもらえます。

響くん独特の感性により、両親が響くんへの対応を間違えたとしても
後から間違いを訂正して、よりよい方向へ導けばいい。

この本では、アスペルガー症候群の子育て法は書いていません。

書いてあることは普通の子育て法です。

必ずしも最初から完璧な子育てはない。

たまに失敗もするけれど、その失敗を受け入れて、
子供と対話すれば必ず挽回できる。

 

だから、大丈夫だよ。

と、そっと言ってくれている本です。

 

子育てに悩んでいる人も、悩んでいない人も
読んだ後には心が軽くなっている、そんな本でした。

 

『コーヒーはぼくの杖』はkindleの読み放題でも読める♪今なら初回30日間は無料!

 

PR

PR

  • この記事を書いた人
ゆきちょこ

ゆきちょこ

アフィリエイター・占い師・クリエイター・ライター お仕事内容&ご依頼はこちらからどうぞ⇒https://yukidora.com/kanteiirai/ スポーツ観戦大好き♪オリンピック、甲子園、W杯、グランドスラム…テレビでやっているスポーツを観るのが好き。夢は日本中を旅しながらスポーツしている人達を撮影したい。一眼レフカメラ&望遠レンズでスポーツ選手やその環境を切り取る一枚を撮るのが好きです。

-本の話

Copyright© DOCOSEKA , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.